バイク保険の選び方について

本02

 

バイクには、自動車と同様に自賠責保険と任意保険とがあります。自賠責保険は強制加入保険となりますので、ライダーは全員加入することが決められています。しかし、任意保険の方は強制加入させられるものではないため、加入していないという人も多いのです。

 
バイクの任意保険加入率は、自動車と比較してかなり低いという統計が出ています。多くのライダーは、被害者になることはあっても、加害者になることはないと考えているのです。しかし、実際の事故の事例を見ていくと、ライダーが加害者側に立った交通事故が数多くあります。

 
バイクの場合も任意保険は必要と言えます。バイク保険を選ぶ際には、補償内容や保険料金などに注目をして、保険会社ごとに異なる特徴を比較すべきです。最も自分に合うタイプの保険を選ぶことが大切なのです。

 
保険の選び方のポイントは色々ありますが、対人・対物に関する補償が充実しているかどうかです。自賠責では不足する部分を補う保険選びが重要です。
弁護士費用特約の有無も大切な点と言えます。もらい事故などの場合、保険会社に対応してもらえないケースがあるため、弁護士の力が必要になる場合もあるのです。自分で示談交渉するのはトラブルになることもあるため、法律の専門家に介入してもらうと助かります。